UI/UXとは?UI/UXデザイナーの仕事内容や求められるスキルを解説!

UI/UXとは?UI/UXデザイナーの仕事内容や求められるスキルを解説!
  • UI/UXって?
  • UI/UXデザイナーはどんなことをするの?

と思っていませんか?

UI/UXは、ユーザーが使いやすく、見やすいWEBサイトやアプリなどのデザインをする際に重要な要素となります。最近ではUI/UXを専門に扱うデザイナーも企業で活躍しています。

この記事ではUI/UXデザイナーの仕事内容や求められるスキルについて解説していきます。

目次

UI/UXとは

UI/UXは、ユーザーのモノやサービスへロイヤルティを高めることができるため、近年重要視されています。
UI/UXを考えることで、ユーザーの中から顧客となり得る人を発掘することができます。

ロイヤリティとは

顧客が特定のブランドに対して感じる愛着や信頼のこと

UI/UXの違い

UX(ユーザーエクスペリエンス)とは、ユーザーが商品やサービスを通して感じる体験を表す言葉です。
一方で、UI(ユーザーインターフェイス)とは、ユーザーとの間にある商品やサービスにおける外観を表す言葉です。

UXによって、Webサイトなどのユーザーにとっての「使いやすさ」を設計をしたあとに、UIによって、単純な作業効率や使いやすさが向上するように「ボタン」や「フォントの大きさ」などを設計していくという流れで行われます。

インターフェースとは

何か2つのものの間で情報などのやりとりを行うときの方法や方式,手順ややり方のことを指します

UI/UXデザイナーの仕事内容

UI/UXデザイナーは、UI/UXをデザインする人のことを指します。

「デザイン」と聞くと、ホームページやビジュアルをつくることなのではないかと考える人も多いかと思いますが、UXにおけるデザインは、「設計する」という意味が強く、デザインの軸をつくっていくお仕事です。

UI/UXによって設計をしたあとに、設計をもとにデザインを行うため、ユーザーのことを考えたWebサイトやパッケージを完成することができます。

ここからはUXデザインのステップを詳しく説明していきます。

STEP
調査

最初にUXに必要なのは、調査です。

ユーザーにとって見やすいものはどういうものなのかや、ユーザーが求めているものは何なのかを調べます。
また、商品やサービス、ブランドをどのように魅せて売り出すと良いのかなどを調査することによって、Webサイトやパッケージなどのデザインの方向性を決定することができます。

STEP
設計

調査をもとに、設計を行います。

UXとUIによって、ユーザーが使いやすいと感じるWebサイトやアプリをデザインするため、この設計の工程は欠かすことができません。

設計の段階で、様々な意見を出し合ってつくっていくことで、認識のズレを無くし、軸をつくっていきます

STEP
デザイン

次に、設計をもとにデザインをしていきます。

設計したものに沿って、ロゴやボタンなどWebサイトやパッケージなどの具体的なデザインをします。

UXデザイナーが具体的なデザインまで関わることもあれば、他のデザイン業者にビジュアルのデザインをお願いすることもあります。

STEP
テスト

デザインができあがったら、テストを行い、ユーザビリティの確認をします。

すぐにWebサイトやパッケージを公開せず、さらにレベルの高いデザインにするために改善を重ねていきます。

STEP
分析

テストを実施して改善し、デザインが決まったら、Webサイトやパッケージを公開していきます。

公開した後に、Webへのアクセスに関するデータを取ったり、データを元にユーザーの行動分析をしたりするといった分析を行うことによって、改善点が見つかることが多いです。

見つかった改善点をなおすことで、より良いWebサイトやアプリにしていきます。

UI/UXデザイナーに求められる5つのスキル

UI/UXデザイナーに求められる5つのスキル
  1. ユーザー視点で物事を考える能力
  2. 行動経済学に関する知識
  3. マーケティングに関する知識
  4. デザインやツールに関する知識
  5. 現在のビジネスモデルを知る

UI/UXデザイナーに求められるスキル1:ユーザー視点で物事を考える能力

UI/UXデザイナーは、ユーザー視点で物事を考える能力が求められます。

ユーザーにとっての「使いやすさ」を設計するため、デザインの根本を考える重要な仕事です。

ユーザーの気持ちや行動を調査や日常の中で発見したことから理解し、形に落とし込むことが必要です。

UI/UXデザイナーに求められるスキル2:行動経済学に関する知識

UI/UXデザインには、行動心理学についての知識が求められる場合があります。

UIやUXは、ユーザーの心理的な側面や行動的側面を考慮してデザインする必要があります。

行動心理学に関する知識は必須ではないですが、行動経済学の知識があると、より深く、軸のあるレベルでデザインすることができるようになります。

UI/UXデザイナーに求められるスキル3:マーケティングに関する知識

マーケティングに関する知識があると、モノが売れる仕組みがわかります。

UIとUXデザインには、ユーザーのことを考えて、製品を魅せる必要があるため、売れる仕組みを知っていると、UIとUXの設計がしやすくなります

ユーザーが求めていることやトレンドの分析、SEOなどのWebマーケティングに関する知識などがあることで、ユーザーにリーチさせることができます。

UI/UXデザイナーに求められるスキル4:デザインやツールに関する知識

できないことをデザインしても意味がありません。

デザインの知識やツールの限界を知っておくことで、IllustratorやPhotoshopを用いてデザインをしたり、サイトという形に落とし込んだりするときを想定したUIやUXをデザインすることができます

また、ビジュアルなどのデザインを依頼するときにデザイナーとの意思疎通がしやすくなります。

UI/UXデザイナーに求められるスキル5:現在のビジネスモデルを知る

近年、消費行動は所有から利用へ移り変わっているサブスクリプションというビジネスモデルができました。

様々なビジネスモデルが発展していることで、UIとUXのあり方にも変化が出てきています。

変化に対応するためにも、ビジネスモデルを理解しておくことは、とても重要です。

UI/UXデザイナーに未経験からなれる?

未経験からUI/UXデザイナーに転職することは可能です。

なぜなら、近年UI/UXが重視されてきていることから、UI/UXデザイナーを積極的に採用している会社も多いからです。

UI/UXデザイナーは最近できた職種なので、UI/UXを理解した人材が少ないことから人材ニーズが高く、未経験でも採用している会社は比較的多いです。

ただし、転職活動では、UI/UXデザインの知識やスキル、UI/UXデザイナーとして働くことに対する意欲をアピールすることが重要です。

以下の記事で未経験からUI/UXデザイナーになるためのコツを解説しているので、あわせて読んでみてください!

あわせて読む:未経験からUI/UXデザイナーに就職・転職するには?転職活動のコツ・やり方を徹底解説!

UI/UXデザイナーになる方法

未経験からUI/UXデザイナーになるには、独学またはスクールで学習し、み、転職活動をおこないます。

未経験からUI/UXデザイナーになる方法1:UI/UXを学習する

未経験からUI/UXデザイナーになるには、まずはUI/UXの知識、デザインスキルを独学またはスクールで学習しましょう。

UI/UXデザイナーの転職活動においては、UI/UXの知識やスキル・ポテンシャルが重視されるため、ポートフォリオ(制作実績)の提出が求められます。

UI/UXデザインの練習を重ね、スキルを磨いていきましょう!

UI/UXを学習するなら?

UI/UXデザインを学習するなら、以下のサービスを利用するのがおすすめです!

独学の場合
➡︎Udemy UXデザインコース
UIUXデザインに必要な基礎知識やデザイン思考をオンラインで手頃な価格で受講できる!)

スクールで学習する場合
➡︎デジタルハリウッド STUDIO by LIG UI/UX専門コース
UI/UXデザインに必要な基礎知識やデザイン思考を自分のペースで受講することができる!)

未経験からUI/UXデザイナーになる方法2:ポートフォリオ作成

未経験の場合は、未経験可の求人へ応募することになりますが、未経験可求人でもポートフォリオを作成しておくことがとても重要です。

なぜなら、未経験可求人でも、自分で勉強をしたこともなければ、制作もしたことがない状態の全くの未経験だと、書類選考で落ちてしまうこともあり得ます。

また、近年ではUI/UXデザイナーのスクールで学んだ方の未経験可求人への応募も増加傾向であるため、そういった方達と比較されることも増えているので、ポートフォリオ作成は必須とも言えます。

これらの理由から未経験からUI/UXデザイナーへの転職をする際はポートフォリオ作成がマストと言えます!入社した後にも制作をした経験が活きてきます!

マイナビクリエイターに登録すると、無料で簡単にポートフォリオを作成できるサービス”MATCHBOX”を利用することができます

\ 無料登録してMATCHBOXを使ってみよう /

その他のポートフォリオサイト
  1. Portfoliobox
  2. foriio 簡単にポートフォリオが作成できて、案件情報や求人情報もある

未経験からUI/UXデザイナーになる方法3:未経験歓迎の求人に応募する

UI/UXデザイナーとして転職するには、未経験歓迎の求人に応募しましょう。

その際に、未経験でUI/UXデザイナーを目指すなら転職エージェントの利用は必須となります。

なぜなら、業務経験者と比較すると採用の難易度が高く、書類選考すら通らない場合が多いからです。

しかし、転職エージェントを利用すると、書類では伝わらないあなたの魅力をエージェントから人事担当者への推薦文で伝えてくれたり、未経験者を積極的に採用している企業の紹介、履歴書・職務経歴書の添削、面接対策を行ってくれるので、正社員のUI/UXデザイナーとしての内定を貰える確率が上がりますよ!

また、未経験からUI/UXデザイナーとして転職したいなら、あまり条件を絞らずに受けてみて、まずはどんな会社でも業務経験を積むことをおすすめします

転職した会社でスキルを身につければ、さらにいい条件の会社、やりたいことに近い会社に転職できる可能性もありますよ!
おすすめの転職エージェント

総合型エージェント

特化型エージェント

  • マイナビクリエイター
    20代のIT・WEB・ゲーム業界の転職に強い!
  • Geekly
    IT・WEB・ゲーム業界に特化したキャリアコンサルタントがサポート!

あわせて読む:UI/UXデザイナーにおすすめの転職エージェント5選|求人・サポートの特徴を徹底比較!

まとめ

UI/UXデザインは、マーケティングやビジネスの戦略に近いデザインです。

UIやUXのデザインは、Webサイトやパッケージといった具体的なデザインをつくるための根本的な方針を決めるものです。そのため、ユーザー視点でモノを考えることがとても重要です。

様々なビジネスモデルが発展している現代において、ユーザー視点でデザインを考えていくことで、ユーザーが本当に必要としていることを理解し、形に落とし込むことが必要とされています。

UI/UXデザインを用いることで、ユーザー視点という軸のあるデザインを実現することができるようになります。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる