イラスト活用してイベントでの販売を成功させる3つコツとは?|れみすさんにインタビュー

れみすさんアイキャッチ

今回は、イラストレーターとしてハンドメイド・似顔絵・イラストをイベントやネットショップで販売を始め、実績もある、れみすさんにイラストで仕事を始める方法や作品を販売するコツをインタビューさせてもらいました。これから自分の作品を販売したいと考えているイラストレーターさんの参考になれば幸いです。

プロフィール / れみす
幼い頃から絵を描いたり、裁縫をすることが好きな子供でした。デジタルでイラストを描き始めたのは大学1年生。最初はスマホに指で描いていました。その後iPadを購入してから本格的にイラストを描き始め、ハンドメイドイベントやオンラインショップで自分の作品を販売するようになりました。
Instagram:https://www.instagram.com/remisu___/
オンラインショップ:https://remisu.official.ec/
(LINEスタンプ:https://store.line.me/stickershop/product/12838962/ja)

目次

イラストの仕事をするようになった経緯

ー 今、れみすさんはネットショップ開設やイベントでのハンドメイド販売をされていますが、イラストの仕事・活動するようになったきっかけを聞かせてもらえますか!

大学一年生の時の学園祭でハンドメイドのお店を開いたことがきっかけです。

今まではInstagramに趣味でイラストを投稿しているだけだったのが、販売をすることに繋がりました。

お客様が自分の目の前で商品を手に取ってくれるのが嬉しくて、それから色々なイベントに参加して販売するようになりました。

ハンドメイドイベントでの販売成功の3つのコツ

ー 学園祭がきっかけだったんですね!そういったハンドメイドイベントってどうやって参加するんですか?

各地域毎のハンドメイドイベントに特化したサイトって実は結構あるんです。

Googleで「地域名+ハンドメイド+出店」とか「地域名+ハンドメイド+イベント」で検索するといくつかその地域のイベントを

全国規模のイベントを取り扱っているサイトもあるのですが、そういったサイトは出店費用が高いのでこれから始める人にはあまりおすすめできません。

ー なるほど、一般的には出店費用ってどれくらいかかるんですか?

出店費用は3000円〜5000円とかで机や椅子を借りれらるとリーズナブルと言えるかもしれません。

ー 結構、かかるんですね。

はい、大規模イベントだと1万円くらい出店費用がかかったり、机や椅子を持ち込みする必要があったりすると大変ですね。

ただ、このあたりは販売する商品の単価次第かもしれません。

ー れみすさんはどれくらいの価格帯の商品を販売しているんですか?

私は1,000円未満の商品を販売していますね。

こういうったコンパクトミラーやポーチを販売してます。

こんぱくとみらー(マスカラ)
うさぎのポーチ
てるてるぼうずキーホルダー

なので、出店費用の元を取るにはかなりの数を販売しなきゃいけないです。

ー でも、それが出来るのってかなりすごいですね!一つ商品が売れるだけでもすごいと思います。どうやったらそうなれるんですか?コツってありますか?

イベントによって客層が違うので、自分の作品に関心を持ってくれる人が多いイベントに参加することが大切です。

私だと、若い女性が気に入ってくれることが多いのでそういったイベントを中心に参加するようにしてます。

あとはハンドメイドイベントに参加したときに大切なことは声かけをすることです。

たくさん商品が売れている人は声かけるが上手いです。

私は声かけるのは苦手ですが…簡単にこんにちはって声かけるというのは心がけてます!

ー そういったことが重要なんですね。勉強になります

オンラインショップ販売の2つのコツとは?

ー オンラインショップも開設したみたいですが、いつから始めたんですか?

去年の冬にショップ開設しました!

ー ショップ開設には何のサービス使ったんですか?

BASEというサービスを活用して開設しました。簡単に作成できるのでおすすめです。

ー オンラインショップ販売で大変なことってありますか?商品って売れるんですか?

ショップ開設自体は簡単なんですが、出店してもお店を見つけてもらうのがとても大変です。

なので、SNSを活用したりして、自分のオンラインショップに気付いてもらうことが重要です。

私はありがたいことに似顔絵を中心に月に何件か購入してもらえてます!

似顔絵例1
似顔絵例2

ー え、それってすごいですね!自分がオンラインショップ開設しても販売する自信ないのですが、、、どうやったら購入してもらえるんですか?

まず、先ほど話をしたようにインスタ・TwitterなどのSNSでしっかり発信することが重要です。

あと、私の場合はハンドメイドイベントに参加することもオンラインショップでの購入に繋がっています。

イベントではハンドメイドだけではなく似顔絵も販売しているんですが、そこで気になった方がショップから購入してくれています。

そのイベントでは購入してくれはしなかったものの気にしてくれた人にSNSのQRコード付きのショップカードを渡してるんです。

そういった方がオンラインショップまでたどり着いてくれています。

ー あ、そこまでしてるんですね!すごい。これからオンラインショップ開設する人にアドバイスとかってありますか?開設の仕方とか商品をどう考えれば良いかなど

開設自体はすごく簡単に出来るのでまずは開設してみると良いと思います。

商品をどう考えれば良いかですか…。

同じジャンルでどんな商品が人気かをリサーチして参考にするのが良いかもしれませんね。

BASEだと人気の商品は上位に表示されるので参考になると思います。

ー 実践的な話ありがとうございます!

どのようなイラストに強みがあるか?

ー ここまで色々作品を見させてもらって何となくですが、れみすさんのテイストは分かってきましたが、改めて作風だとか得意なイラストを聞かせてください。

”ゆるい×おもしろい”が私のイラストの強みだと思います。

私は人や動物など顔があるものを描くことが多いのですが、顔を描くときは気の抜けた表情にするようにしています。

ゆるくてほっこりするイラストを目指して描いていますね。

私の商品にはコンパクトミラーやポーチ、マスクケース、ステッカーなど普段使いできるような商品が多いです。

毎日使ってもらいたいので、一見おしゃれな商品と思わせて(配色とか)、よく見てみると面白いイラストが描かれているというのを目指しています。

ー ありがとうございました。色々と勉強になる話ばかりで楽しかったです。ありがとうございます。

こちらこそありがとうございました!

イラストレーターとしての作品・イラスト

(れみすさんに公開可能な実績や作品をいくつかご紹介いただきました)

 依頼を受けて描いたイラスト

少林寺拳法の開祖
仁王像

少林寺拳法関連のイラストの依頼を受けて何枚か描いています。写真をもとに、デフォルメしてゆるいイラストに仕上げています。統一感のあるイラストになるようにしています。

吹奏楽あるあるの漫画(Instagram)

小中高吹奏楽部に所属していたため、吹奏楽のあるある漫画をInstagramに投稿しています。吹奏楽をやっていた人なら共感してもらえるような内容です。ストーリーズで吹奏楽経験者にあるあるを募集したこともありました。

れみすさんのイラスト制作におすすめのツール

ソフト:CLIP STUDIO PAINT、Illustrator、Photoshop

    イラスト制作でメインに使っているのはCLIP STUDIO PAINTです。
    印刷会社に入稿するためのデータ制作や、レイアウトメインで考えたい時はIllustratorを使用。
    商品の写真の加工にはPhotoshopを使うこともあります。

制作環境:iPad Air3、Apple Pencil、MacBook pro、Logicoolのマウス(Signature M650MGR)

     イラストを描くときはiPadを使っています。
     Apple Pencilはとても描きやすいのでおすすめです。
     Macはレイアウトを考えたり、画像編集をするときによく使います。
     ロジクールのマウスはソフトごとにボタンの機能を割り当てられるのでとても使いやすい

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる