【例文付き】Webデザイナーの自己PRの書き方・答え方|職務経歴書・面接のポイントを解説!

【例文付き】Webデザイナーの自己PRの書き方・答え方|職務経歴書・面接のポイントを解説!

Webデザイナーの転職では、必ず自己PRについて書類選考・面接で聞かれる質問であり、自己PRで企業に採用するメリットを伝えられないと、その時点で不採用になってしまうので、回答を整理しておくことが重要です。

実は、自己PRでは意欲やスキル・ポテンシャルをうまく伝えられる、答え方の流れがあるんです。

この記事では、その書き方・答え方を例文付きで紹介するので、これから書類選考・面接を受ける方は参考にしてみてください。
記事を読み進める前に…

Webデザイナーの転職活動は、転職エージェントで応募書類の添削や面接対策を行ってもらうと選考に通過しやすくなりますよ!

以下の記事で、Webデザイナーの転職に強いおすすめの転職エージェント7選と、転職エージェントを利用するメリットを詳しく解説しているので、就職を成功させたい方は読んでみてください。

あわせて読む:WEBデザイナーにおすすめの転職エージェント5選|求人・サポートの特徴を徹底比較!

目次

Webデザイナーの自己PRの書き方のポイント

Webデザイナーの自己PRの書き方のポイント
  1. 顧客のどんな課題をどのように解決したかを具体的に伝える
  2. これまでの経験を活かして今後どうなりたいのかを伝える

Webデザイナーの仕事は、デザインを通じて顧客の課題を解決する仕事であるため、顧客のどんな課題をどのように解決したかを具体的に伝えることがポイントです。

また、その経験やスキルを活かして今後どのようになりたいかを伝えることで向上心や成長意欲をアピールでき、「入社後にさらに成長して活躍できる」といった印象を持ってもらうことができますよ!

Webデザイナーの自己PRの書き方・例文

自己PRを話す際に、以下の内容を盛り込むと、経験・スキルのアピールや意欲を伝えることができますよ!
Webデザイナーの自己PRに盛り込むべき内容
  • 携わったプロジェクト
  • どんな課題・目標があったか
  • どんなことを工夫したか
  • どんな強みが活かされたか
  • その経験を今後どう活かしたいか
例文

私はUI・UX視点でのデザインを得意としています。私が担当するクライアントは、集客はできるものの、商品の購入に繋がらないといった課題がありました。そこで、UI・UXの改善を提案し、実施した結果、滞在時間や購入点数を伸ばすことができました。今後は月間100万人が訪問するWebサービスを複数展開する御社での業務を通じて、さらにUI/UXデザインやマーケティング思考を取り入れたデザイナーになりたい考えています。

面接対策は転職エージェントを活用しよう!

この記事では、Webデザイナーの自己PRの書き方のポイントを例文つきで解説しました。

自己PRでは、企業に採用するメリットや入社後の活躍が期待できることをアピールする、重要な項目なので、じっくり考えて準備しておきましょう。

また、転職エージェントを活用し、履歴書での志望動機の書き方のアドバイスや面接での答え方の練習をしてもらうのがおすすめです。

Webデザイナーの転職には、以下の5つの転職エージェントがおすすめです。求人の紹介や職務経歴書・ポートフォリオの添削も行ってくれるので、まずは登録してみてください!

Webデザイナーにおすすめの転職エージェント

総合型エージェント

特化型エージェント

転職サービス(参考)

  • 転職ドラフト
    年収UP率93.8% / 平均年収UP額126万円のイベント型エンジニア向け転職サービス

\ 無料相談はこちら /

面接対策をしっかり行い、転職活動がうまくいくよう応援しています!
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる